2010年02月07日

支援員4000人増=小中の障害児教育−文科省通知(時事通信)

 障害のある児童生徒の学校生活を助ける特別支援教育支援員を配置する経費として、政府が2010年度予算案で前年度より48億円多い435億円を地方交付税として措置することが6日、分かった。全国の小中学校で4000人程度の増員を見込んでおり、文部科学省が同日までに各教育委員会に通知した。
 支援員は、発達障害の子供に付き添ったり、身体障害のある子供を介助したりする。市町村教委が元教員、地域住民らに研修を行い、学校に派遣する場合が多い。
 政府は07年度から交付税措置を開始。10年度予算には公立小中学校分で4000人増の3万4000人相当、公立幼稚園分で前年度と同じ3800人相当の額を盛り込んだ。 

【関連ニュース】
09年度より増額で調整=交付税、16兆円台視野に
交付税の大幅増額を提言=子ども手当は全額国費で
一般歳出、18日に確定へ=マニフェスト施策除き
財政支出7.2兆円=政府、追加経済対策を決定
経済対策、4日に閣議決定=財政規模7兆円

会社員への結婚詐欺で起訴=木嶋容疑者、470万円詐取−連続不審死(時事通信)
「ずさんな物品購入」発覚=5年間で427件、総額1億円−農水省(時事通信)
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦(時事通信)
雪 交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by セキド ユリコ at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。