2010年02月06日

連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い−練炭自殺装う・埼玉県警(時事通信)

 結婚詐欺などで起訴された女の知人男性が相次いで死亡した事件で、埼玉県警は1日、練炭自殺に見せ掛け東京都千代田区の会社員大出嘉之さん=当時(41)=を殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で住所不定、無職木嶋佳苗容疑者(35)を再逮捕した。
 木嶋容疑者の周辺では、大出さんを含め4人の男性が不審死しているが、殺人容疑での立件は初めて。結婚詐欺なども含め逮捕は7度目。捜査は新たな局面を迎えた。
 逮捕容疑によると、木嶋容疑者は昨年8月5日夜から6日未明にかけ、大出さんに睡眠導入剤を飲ませて昏睡(こんすい)状態にし、埼玉県富士見市針ケ谷の駐車場に止めたレンタカー内で、しちりんに置いた練炭を燃やして一酸化炭素中毒死させた疑い。
 県警によると、木嶋容疑者は「料理学校の学費」名目で、大出さんから約470万円を受け取っていたという。
 捜査関係者によると、木嶋容疑者は同月5日、当時住んでいた板橋区の自宅で大出さんと会い、大出さんが運転するレンタカーで現場まで行った。しかし、「別れ話をして1人で帰った。大出さんはその後、自殺したのでは」という趣旨の説明をしていた。
 大出さんはこの直前、自分のブログに「婚前旅行に行きます」と書き込み、遺書もなかったため、県警は自殺を装った他殺の疑いがあるとみて捜査。木嶋容疑者がしちりんと練炭を購入しており、処方された睡眠導入剤と同じ成分が大出さんの遺体から検出された。
 木嶋容疑者はインターネットの結婚紹介サイトを通じて大出さんと知り合った。同サイトで知り合った複数の男性に結婚詐欺や盗みを繰り返したとして、これまで詐欺や同未遂、窃盗の容疑で6度にわたり逮捕されている。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「睡眠導入剤」
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い
意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析

<著作権>松沢・神奈川知事が敗訴…著書の1カ所が「侵害」(毎日新聞)
<新銀行東京>元代表執行役ら2人を提訴…5億円賠償求め(毎日新聞)
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判−静岡地裁(時事通信)
<1票の格差>衆院比例ブロックの定数配分は合憲 東京高裁(毎日新聞)
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死−東京地裁(時事通信)
posted by セキド ユリコ at 02:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。