2010年05月22日

<傷害容疑>床にたたきつけ1歳長女重体、21歳母逮捕(毎日新聞)

 1歳5カ月の長女を床にたたきつけてけがをさせたとして、静岡県警三島署は13日、同県函南町肥田、無職、土屋麻友子容疑者(21)を傷害容疑で逮捕した。同署によると、長女は脳内出血で意識不明の重体。土屋容疑者は容疑を認め「泣きやまないので腹が立った」と供述しているという。

 逮捕容疑は13日午後2時半ごろ、自宅居間で抱いてあやしていた長女を床にたたきつけたとしている。

 同署などによると、土屋容疑者は自ら119番。「散歩に連れていこうとおんぶしようとしたら下に落ちた」と説明していたが、診察した医師が頭以外に不審なあざがあったため、「虐待の可能性がある」と判断。消防を通じて警察に通報した。同署は以前から虐待していた可能性があるとみて調べている。

 土屋容疑者は会社員の夫(28)と生後2カ月の長男の4人暮らし。夫は当時、仕事で不在だった。【田口雅士】

小沢氏、週明けにも再聴取 判例参考に共謀認定「政治家だけ特別なのか」(産経新聞)
約3年半前の殺人容疑 暴力団幹部3人逮捕(産経新聞)
「銀行は人が多いから、郵便局を…」強盗容疑の男を逮捕 警視庁(産経新聞)
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期(産経新聞)
田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)
posted by セキド ユリコ at 00:03| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

司馬さん愛した雑木林の心 記念館に新しい庭(産経新聞)

 司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)は27日、隣接する土地の造成を終え、拡大した新しい庭を一般公開した。雑木林をイメージし、木々の間からは司馬さんの書斎も垣間見えるようになっている。

 拡大されたのは、同記念館の南隣にあった旧朝日新聞東大阪支局の土地(約300平方メートル)。老朽化などを理由に支局が移転することに伴い、昨年12月に同記念館が土地と建物を購入していた。

 庭は同記念館の建物と同じく建築家、安藤忠雄さんが設計。司馬さんが生前、花や雑木林を愛していたことから、もともとある庭に雰囲気を合わせ、クスノキやヤマザクラ、ヤマブキなどを植えた。中央には芝生の広場を設けてベンチを置き、入館者の休憩スペースにしている。

 上村洋行館長は「今までと違った位置から書斎が見え、新しいイメージが広がった。落ち着いた空間で司馬さんの精神を感じてもらえれば」と話していた。

【関連記事】
喫茶コーナーがオープン 坂の上の雲ミュージアム 愛媛・松山
【週末に想う】龍馬が生き延びていたら… 小林静雄
司馬遼太郎、森光子が絶賛の「壁画」は… 大阪・西長堀アパートが再開発
司馬遼太郎の絵心満載、取材ノート 記念館きょうから公開
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開
「裸の王様」次に座るのは…

首相が五輪入賞者を官邸に招く 難局にねぎらいのコメントも自嘲気味(産経新聞)
民主、結束呼び掛け=自民、集中審議要求(時事通信)
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず(産経新聞)
三日月氏、今年1月にも献金受領 JR西労組側から850万円、返金の方針(産経新聞)
志位氏がルース米大使と会談 共産党トップとして初 (産経新聞)
posted by セキド ユリコ at 10:32| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。